BricsCAD 角丸め(フィレット)の作図方法

BricsCAD MENUに戻る

BricsCADにて角丸めする方法です。

コマンド起動方法

メニューの[修正]-[フィレット]
アイコンの修正ツールバーの[フィレット]
コマンドラインに「fillet」と入力します。

フィレットコマンド

最初に「半径(R)」を設定します。

1.コマンドラインに角丸めの半径を入力するので、コマンドラインに「R」と入力して「Enter」キーを押します。
もしくは、プロンプトメニューの「半径」を選択します。
画像の説明

2.半径を入力します。(半径10mmであれば、10と入力)

3.最初の図形を選択します。次に2番目の図形を選択します。完了です。

フィレット2

連続で角丸めしたい場合は、図形を選択する前に、コマンドラインに「M」を入力し、「Enter」を押してください。

連続で指定できます。

また、エッジを残したい場合は、

フィレット3

図形を選択する前にコマンドラインに「s」を入力。

フィレットの設定

「面取り/フィレット」の「トリムモード」のチェックを外してください。

右上の[x]で終了し、図形を選択して指示するとエッジが残ったかたちで角丸めできます。




BricsCADの詳しい情報はこちら

コメント


認証コード9044

コメントは管理者の承認後に表示されます。