BricsCAD V18 作図補助(スナップトラック)

BricsCAD MENUに戻る

BricsCADで作図をするにあたり、補助線を表示する「スナップトラック」コマンドがあります。
このコマンドを使用するには、あらかじめ、「図形スナップ」と「スナップトラック」をONにしておく必要があります。ステータスバーにありますので、OFFの場合は、ONにしてください。

画像の説明

●スナップトラックを使用したライン作図

2つの図形の端点の延長線上から線を作図してみます。

画像の説明1.コマンド選択「線分」ボタンを選択します。
画像の説明2.左の四角の図形の角に図形スナップを表示させ、しばらくカーソルを重ねていると、赤い(+)マークが表示されます。(一旦、カーソルを移動し、再度、図形スナップを表示させて、カーソルを重ねると、赤い(+)マークは消えます)
画像の説明3.カーソルを図形スナップから離すと(+)字の文字が図形角に残ったままとなります。
画像の説明4.(+)マークから離れた位置でカーソルが(+)マークと同じくらいの高さになると補助線がX座標の色と同じ色で表示されます。
画像の説明5.今度は、右側の図形の端にも、先程と同じように図形スナップを表示させしばらく重ねていると(+)マークが表示させます。
画像の説明6.それぞれの(+)マークに近い高さと横の位置にカーソルを移動させると、それぞれから、補助線が表示され、補助線の交点には交点ポイントが表示されます。
画像の説明交点ポイントが表示された時に、クリックすると、その交点から線を描くことができます。

以上

コメント


認証コード5009

コメントは管理者の承認後に表示されます。